人生とRPGの違い(5)初期設定と難易度

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(5)初期設定と難易度: 主人公スタート、調整済み vs ランダムスタート、未調整

ゲームが面白い理由の一つは、世界が自分を中心にして回っている感覚を味わえるからでしょう。ゲームの中であれば、誰もが主人公になることができます。女の子で言えばお姫様、男であればヒーロー気分を、手軽に味わうことができます。

人生ゲームでは、残念ながら私たちは主人公ではありません。

60億分の一の確率で、現実世界のどこかに、ランダムに生まれます。生まれる国、家庭環境、友人も含めた周囲の環境、さらには初期ステータス(賢さや体力など)も、運によって決まります。そしてこの初期設定は、自分で自分のことを決められるようになるまでの間、どうすることもできず、非常に大きな影響を受けることになります。

人生ゲームとPRGが、一目瞭然に違う点は、その生まれもっての不平等さです。

 

また、人生では、様々なイベントや、障害物、ストーリーにおいて、ゲームの世界のような難易度の調整がありません。順番に敵が強くなるわけではなく、いきなり乗り越えられるはずのない問題が次々と起きたり、かと思えば、易しすぎてつまらない時間が長く続いたりします。

反対に、RPGでは、いかにプレイヤーが苦痛を感じずに、楽しくゲームをプレイできるか、難易度調整のプロが心血をそそいで楽しい世界を設計してくれています。

人生ゲームでは、私たちに代わって、難易度を調整してくれる人はいません。また起きたイベントが自分に乗り越えられそうかどうかを見極めるのも、また私たちです。

 

まとめると、RPGでは、周りよりも幸運なステータスや立場で生まれ、自分のために調整された世界を生きることができます。

一方では、人生ゲームでは、初期設定はすべてランダムで決まり、成人するまで大きな影響を受けることになります。また、起きるイベントは、難しすぎたり、易し過ぎたりします。

 

このような違いを理解した上で、人生ゲームをプレイするために、何が必要かと言えば、まずこの非情なアンフェアさを、ゆっくりと受け止めることでしょう。

私たちには、好きでこの人生ゲームを遊んでいるわけではありませんが、すでにゲームは始まっています。そして、このゲームでは誰もが、配られた手札でプレイをすることしかできません。他人の手札を羨ましがったところで、目の前の状況を変えるには、持ち札を前向きに使う以外に道はないのです。

人生とRPGの違い(4)ルールの絶対性

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(4)ルール: 常に同じ vs 常に変わる

ロールプレイングゲーム(RPG)では、ゲームのルールは説明書にも書いてあるように、常に同じです。ゲーム内のプレイ時間が経過したり、マップを移動したからといって、まったく新しいパラメータ(例えば英語)が必要になったり、突然攻撃力がリセットされることもありません。基本的には、最初にルールを把握すれば、経験値を積み上げることで、まっすぐ能力を高めることができるようになっています。

一方、人生ゲームのルールは、説明もされていないですが、じつは絶えず変化しています。

 

例えば、内定獲得ゲーム。このゲームは、昭和まではゼミの先輩や教授、親族の紹介を得るゲームでしたが、リクナビ等の求人サービスの登場をきっかけに、学歴や大会優勝歴などの客観的なラベルを武器にして、なるべくランキング上位の企業の枠を争うゲームに変化しています。

これまで評価されなかった能力の例としては、小学生にだけすごくウケる動画を作る能力は、これまで全く収入になりませんでした。しかし、Youtubeの普及以降、高収入のプロが存在する職業として成立するようになりました。

 

人生ゲームのルールは、技術の進歩や、人間の価値観が変化することによって、常に変わっています。積み上げた経験やスキルが役に立つかどうかは、残念ですが保証されていません。

ルールが変わるということは、正解も変わるからです。

 

RPGと人生ゲームのルールの違いとは、次のようになります。

RPGでは、ゲームの前提条件は変わらず、ルールも一定なため、戦略の最適解を求めることができます。

人生ゲームは、ゲームの前提条件は変わるものであり、ルールも時間とともに変わるため、戦略の最適解を一つに求めることはできません。

 

現実では、過去の正解と同じ方向で努力を続けることは、前提条件が違う分だけ、むしろ間違っている可能性があります。逆に言えば、今自分は勝てないゲームであっても、必ずルールに変更が生まれるチャンスが出てくるということです。何が、ゲームのルールを変えるのか、注意を払う必要があります。

人生とRPGの違い(3)ゲームのボリューム

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(3)ボリューム: シナリオ一つ分 vs 地球大のフリーシナリオ

現実世界のボリュームは、想像を絶するものがあります。一人一人のキャラクター、セリフの豊富さ、本やアニメや音楽などのアイテム・コンテンツの豊富さ。どれ一つをとっても、一人の人間が一生のうちに全てを知ることはないでしょう。現実世界で、RPGのようにバンバン成長できて周りより強くなれれば、圧倒的なボリュームを楽しめて、これほど楽しいゲームもほかにないでしょう。

人生ゲームについて、ボリュームの桁が違うものを挙げてみます。

 

  • マップの広さ
  • プレイヤー達を含めたキャラクターの多さ
  • ゲーム世界内の経過時間
  • ゲーム世界内の情報量
  • アイテム数、イベント数、ミニゲーム数
  • 敵、障害物の豊富さ
  • 会話の選択肢
  • パラメータの種類
  • 立てられる目標の数
  • シナリオの枝分かれ数
  • etc.

 

さて、上のようにボリュームが多いということは何を表すか、ですが、結論から言うと「選択肢が多すぎて、逆に選べない」というところに行きつきます。

なぜかといいますと、人生ゲームの選択肢は、人間の頭の計算能力では処理しきれない量だからです。

 

例えば、友達に話しかけられたときに、現実世界では「はい / いいえ」の2択が現れることはまずありません。人生ゲームの場合、返答入力欄に表示されるのは、「(自由入力)」の空欄だけです。つまり極端に言えば、言語の組み合わせの数だけ、選択肢があるということになります。もちろん、人間には、理論上どのセリフがベストかを決められるほどの力はありません。

では実際の人生ゲームにおいて、私たちプレイヤーはどうやって、選択肢を選んでいるかというと、経験による勘と初歩的な計算によって、選択肢を選んでいます。

 

よく言われるように人生は選択の連続でできています。そして、人生ゲームの選択肢が半端ではない数だからこそ、どのような選択肢を選んだかによって、シナリオの進む方向も大きく左右されるようになっています。

 

RPGと人生ゲームのボリュームの多さについてまとめると、

RPGでは、人間が快適に処理できるように調整された選択肢が、少数しか出てきませんが、

人生ゲームでは、ほぼすべての選択に膨大な選択肢があり、自由選択になっています。

 

RPGに比較して、人生ゲームにおけるキーポイントは、「意思決定力」です。あまりにも多くの選択肢があるために、判断に迷ってしまいがちですが、逆に言えば、この選択肢の数と選択を迫られる回数の多さは、初期条件の多少の運の悪さを、軽く吹き飛ばすほどの大きな大きな振れ幅があります。

人生とRPGの違い(2)参加プレイヤー数

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(2)参加プレイヤー数: 自分一人のみ vs 60億人

 

RPGは基本的に、自分一人で遊びます。ゲーム内の人間は自分だけです。キャラクターはたくさん登場しますが、用意されたセリフをしゃべり、決まった行動を取ります。

一方で、人生ゲームでは、遊んでいるユーザーは、60億人います。ゲーム内の人間は60億人です。同じフィールドを共有して、同時プレイしています。

 

プレイヤーが一人だけであれば、相手は用意された行動を取るだけなので、攻略はやさしいです。何回か間違えたとしても、NPC(ノンプレイヤーキャラ・コンピューターが操るキャラ)の行動はパターンに限りがあるので、いつかは勝つことができます。

それが全てのプレイヤーが人間であれば、どうなるかというと、自分の一つの打ち手に対して、相手の打ち手が無数に考えられます。また、相手の打ち手を想定した、こちらの次の手もまた無数に考えられます。そうすると、お互いの手を読みつくすことは、基本ありえない、ということになります。つまり、ゲームの展開を完璧に予想することはできません。3手先すらあやういでしょう。

 

また、コンピューターが操るキャラは、その目的が非常にわかりやすく、対処の方法もわかりやすいです。戦闘であれば、攻撃をしてくるので、倒せばいいし、街であったときには何かヒントになるような言葉を話してくれる可能性が高いので、話しかければよいのです。ゲームの目的のために配置されたキャラクターですから、すべてプレイヤーのゲームの進行に関わりがある。当然です。

一方で、人間相手になると、相手の行動目的は、バラバラです。人生ゲームで何を大事にして、何を目的にプレイヤーが遊んでいるかはわかりません。また、他のプレイヤーは皆自分の人生のために生きているのであって、私のゲームのために存在するわけではありません。人生では、誰もが主人公ではないのです。

 

RPGと人生ゲームの参加プレイヤー数の違いについてまとめます。

 

人生ゲームは、60億人の人間のプレイヤーが同じマップ上で、それぞれ独自の目的を持つプレイヤーを相手に、遊ぶゲームです。

RPGは、一人の人間のプレイヤーが用意されたマップ上で、プレイヤーのゲームのために配置されたキャラクターを相手に、遊ぶゲームです。

 

人生では、自分以外のプレイヤーの行動を読み切れないため、完全な予想というのはできません。また、他のプレイヤーの目的はとても多様ですが、その複雑な目的を知る有効な手段は、察するしかありません。そのため人生は、RPGに比較すると、観察力が非常に重要なステータスの一つになっています。

人生とRPGの違い(1)同時プレイゲーム数

 

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(1)同時プレイゲーム数: 一つを任意進行 vs 複数の同時進行

 

通常、ドラクエなどのRPGでは、プレイヤーが遊ぶゲームは、ドラクエであればドラクエ、たった一つだけです。ときどき小さいイベントやスロットなどのミニゲームもありますが、ストーリーに大きく影響したり、ミニゲームそのものをずっと遊ぶ必要はありません。

一方で、現実の人生ゲームでは、仕事や勉強だけしていればよいわけではありません。学生のときから、友人関係の維持ゲーム、恋愛シミュレーションゲーム、受験戦争ゲーム、収入管理ゲームなど、複数の欠かせないゲームに、同時に参加させられています。

 

また、RPGは時間軸が一つであり、メインのゲームもそのRPG一つであるため、集中して遊ぶことができます。それに対し人生ゲームは、複数の時間軸を持つゲームになっていて、一日と一週間と一か月ではゲームの種類が異なります。例えば、一日や一週間であれば、収入管理ゲームを考えずに、お金に無頓着なプレイをしても、なんとかなるかもしれませんが、一か月の中でやりたいことを考えたときには、やはりその月のどこかのタイミングで、お金を手に入れるorお金を節約する(収入管理ゲームに参加する)必要があります。

一日一日をやり過ごすことと、一か月の中でやっておきたいことをやることが違うように、大抵の場合、短期的なゲームの最適解と、長期的なゲームの最適解は取るべき方針が逆です。しかし、私たちプレイヤーは一人しかおらず、どちらかを決めなければなりません。

 

RPGと人生ゲームの同時プレイゲーム数の違いについてまとめると、次のようになります。

 

人生ゲームは、常にリアルタイムでプレイをさせられていて、相互に関連した複数のメインゲームを、別々の時間軸で平行して遊ぶゲームです。

一方でRPGは、プレイするかどうかは自分が自由に決めることができ、一つのメインゲームを、一つの時間軸で集中して遊べるゲームです。

 

人生ではリアルタイムで、別々の時間軸のゲームを遊んでいるため、常に複数のゲームの利益を計算しながら、最適解の行動を取り続ける、というのが基本的なスタンスになります。

プレイヤーが一回で取れる行動は一つしかないのに、常に複数の重要なゲームに参加しているという点で、人生の方が難易度は非常に高く、戦略性が強く求められるゲーム仕様になっています。

人生はロールプレイングゲーム(RPG)

世界があって、色んな登場人物がいて、冒険があって、敵を倒して少しずつ経験を積みながら、強くなっていく。そういう意味で人生とRPGは、とてもよく似ています。

一方で、決定的な違いも多くあります。より良く、人生ゲームを遊ぶために、比較してみましょう。

 

ロールプレイングゲーム VS 人生ゲーム

(1)ゲーム数: 一つを任意進行 vs 複数の同時進行

(2)プレイヤー数: 自分一人のみ vs 60億人

(3)ボリューム: シナリオ一つ分 vs 地球大

(4)ルール: 固定 vs 常に変わる

(5)初期設定、難易度: 主人公、調整済み vs ランダム、未調整

(6)目標、シナリオ、進行ガイド: 有り vs 無し

(7)平均プレイ時間: 10時間 vs 80年

(8)ステータス、スキル: 表示 vs 非表示

(9)セーブ、ゲームオーバー: 可能、やり直せる vs 不可、やり直せない

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。上の番号をクリックして、詳細を読むことができます。

人生ゲームの難易度を下げるには

生きることは難しい。人生はクソゲー(クソみたいなゲーム。)だ。美人やイケメンに生まれ変わって、「強くてコンティニュー」したい!

という心の声はわかります。

人生は不平等です。それは事実ですが、生きている間にゲームの難易度を下げる方法は、いくつか考えられます。人生の難しさを下げる方法をまとめます。

 

(1)目的地を明確にする(≒やりたいことの見つけ方がわかる)

そもそもやりたいことが明確でないから、人生に起きるイベントが大変なのです。何か、自分が決めている大事なことが守れていれば、多少のコトはやり過ごせるようになります。まずは自分がなりたい状態がわかること。そうすれば、方針が決まります。なりたい状態ややりたいことが特にない、という人もいると思いますが、一般化された「やりたいことを見つける手法」がわかれば、少なくとも日常にいたずらに傷つき、何のために生きているのか、と迷うことはなくなります。

 

(2)目的地までのコースを知る(≒上手くやる方法の”考え方”を知っている)

やりたいことはある、なりたい状態も決まっている。でも上手くいかない。だから人生がつまらないのではないでしょうか?しかし、どんなものごとも上手くできる人間はいません。また、人生ゲームでは全部うまくやる必要はありません。必要なことは、どんどんやり方を改善して、「昨日より今日」、「今日より明日」と進んて行く方法を、その場その場に合わせて考えられるようになることです。世の中にノウハウは無数にありますが、上手いやり方を考える方法には具体的な共通点があります。

 

(3)目的地までの進み具合がわかる(≒進み具合の”測り方”がわかる)

自分がやりたいことにどのくらい近づいていることがわかれば、今日やるべきことに自信が持てます。また、着実に進んでいることがわかれば、これが毎日の心の支えになるのです。どんなコトを目指すにしても当てはまる、目標の立て方や、進み具合を測るためのチェックポイントの作り方はあります。

 

(4)心を柔らかくする(≒感情コントロールができる)

人生は、市販ゲームのように事前に開発者たちが難易度の調整をしてくれません。起きる一つ一つのイベントに対して、傷つかないために自分の心を守る方法が必要です。そして、長い目でやりたいことを達成するためにも、心のコントロールの仕方を具体的に知っていたほうが断然有利になります。

 

これらの人生ゲームの難易度を下げる方法は、そのままこのサイトの主な内容でもあります。上のような解決策を、具体的にはどのようにやればよいか、をこのサイトでは説明していきます。

人生ゲームの難しさ

人生というゲームをいつも遊んでいる私たちですが、人生サイコー!!という声はあまり聞きません。その理由を、私なりに考えてみます。

 

(1)何を目指したらいいのかがわからない

人生は、史上最高のボリュームのゲームと言ってよいでしょう。とても一人では遊びつくせないゲームであることは間違いありません。職業ひとつをとっても、コンビニ店員から社長、消防士、パン屋と非常に多くの職業があります。情報と選択肢が多すぎるために、自分はどんな人生を生きたいのか、どんな方向を目指していくのか、わからない人がほとんどでしょう。これが最初から、「強くなって魔王を倒す」、であればどれほど楽でしょうか。

 

(2)上手くいく方法がわからない

幸運にも自分が目指したいものが決まっても、どうすれば目指したいものになれるのかわからない、という人も多いです。例えば、社長になりたい!という学生がいたとして、どんなスキルを持って、どんな人たちと、どのような商売をやれば良いか、どのくらい努力すればよいのか、がわかる人は、非常に少ないです。通常、ゲームでは、「次は~をやりましょう!」といった案内が、形を変えながらゲームクリアまで出てきます。クリアまでの誘導がないゲームは、クソゲー(質が悪いゲーム)と呼ばれるほどです。

 

(3)自分が上手くいっているかどうかがわからない

仕事ひとつをとっても、それが上手くいくかどうかは、職場関係や仕事の質など、多くのコトが複雑に絡まっています。他の人の評価が入ると結果も測りにくいし、結果を出すためにやるべきことも複雑になるため、どのくらい上手くいっているかどうかを正確に知ることは、とても難しいです。その反対に多くのゲームは、能力値(パラメータ)が数値化されていて、確実に強くなっていることがわかります。敵を倒したかどうかがわからないゲームは、まずないでしょう。

 

(4)そもそも本当に上手くいくものなのかという不安

人間は、生きやすくするために、未来のことはポジティブに考えるようにできています。しかし、なりたい目標を持って生きてみると、成果の測りにくさと合わさって、私の人生って上手くいくのかな、という不安が出てきます。不安になると、迷い、悩み始めて、歩みが止まりがちになるので、不安と上手くつきあえるかどうかは、非常に重要な問題です。ゲームであれば、ゴールや目標に達成可能であることは前提になっています。そもそも、目指してるものになれないかもしれないという点が、人生の難しさです。

 

次の記事では、問題点の対策を考えてみます。

はじめに

世の中にゲームが好きな人がたくさんいます。スマートフォンのゲームアプリ、DSなどの携帯ゲームから、カードゲームやPCゲームまで、多様な人がゲームを楽しんで遊んでいます。

よく「人生はゲームだ」という話を聞きますが、「人生サイコー!人生楽しい!」という人はあまり聞きません。本当に人生がゲームならば、これほど遊んでいる人が多く、情報も集まっているゲームはないのですが、なぜ人生ゲームが楽しいという人はあまり聞かないのでしょうか?

私は、生まれて100年も経っていませんが、人生にたくさんの疑問を持ってきました。

「なぜ楽しそうな人が少ないのだろうか」「なぜ電車の中のおじさんは、皆暗い表情なのだろうか」「人生って面白くないものだろうか」「どうすれば楽しく生きられるのだろうか」

このサイトでは、私なりにこの人生ゲームについて学んだことをまとめておき、同じ疑問にぶつかった人の参考になることを目指しています。