人生とRPGの違い(8)ステータスの表示

ロールプレイングゲーム(RPG) VS 人生ゲーム

(8)ステータス、スキル: 表示 vs 非表示

RPGにおいて、能力はとても大事です。ドラクエのステータスバーを見ると、ゲームオーバーに直結するHP(ヒットポイント)、敵を倒すための攻撃力などが表示されています。そして、このステータスを見れば、ゲームの基本的なシステムが、敵を倒して能力を上げ、さらに強い敵を倒せるようになっていく、というものであり、そのために必要な力が何か、気づけるようになっています。

一方で、人生ゲームの能力はどのようになっているかというと、ものすごく多種多様な能力が想定されますが、何の能力を上げればよいかは明示されていません。また、コップで水を飲むとき、何の筋肉が動いているかわからないように、本人もどの行動で何の能力を使っているか、無自覚なことがほとんどです。さらに、経験値を積んでも、どの能力がいくつ上がったかは、はっきりとはわからない仕様になっています。

 

この違いは単純に、ゲームプレイ時に、画面にステータスバーが表示されているか否か、という点になります。

 

非常に地味な表示ですが、RPGにおいてステータスバーは、

  • 重要な能力のピックアップ
  • 能力の強さを数値化
  • 行動と能力の強化関係の明示

と非常に重要な役割を担っています。

 

もし、現実世界にステータスバーが導入されれば、スポーツに限らずあらゆる分野で、記録が恐ろしく伸びていくでしょう。トレーニングの効果が数値ですぐにわかる。効果的なトレーニングがすぐにわかるようになるので。

プロスポーツでよく言われる科学的アプローチとは、RPGにおけるステータスバーの3つの役割を、人生ゲームに再現しようという試みなのですね。

 

ここまでで人生ゲームにおいて、ステータスバーがないことは、ゲームの難易度をさらに上げていることがわかりました。この点から何を改善すれば、この人生ゲームの難易度を下げることができるでしょうか。

 

まず、大事な能力のピックアップです。人生ゲームには、多種多様なメインゲームがあるので、今プレイしていないゲーム(例えば、ダイエット)に効果的な行動は、今プレイしているゲーム(例えば、テスト勉強)には逆効果であることも、しばしばだからです。ここに無自覚であると、世間的に良いされることをたくさんやっているのに、どの分野でも中途半端になってしまいかねません。

逆に言えば、人生ゲームの中で、今プレイしているゲームに集中し、重点的に伸ばすべき能力に集中することで、他のプレイヤーとは次元の違う結果を出すことも考えられるわけです。


Leave your comment